オンラインカジノが違法とされる場合とされない場合

本来であれば違法とされることが無い時間に設定されていて、24時間プレイできるように作られているオンラインカジノであれば、違法に扱われることがありませんし、仮に違法だったとしても利用していることに気づかれないことが多いです。ところが日本人を対象としているなら違法扱いになり、営業時間等の影響で摘発されていることもあります。

オンラインカジノ違法性

日本人狙いと判断できる場合は違法に

オンラインカジノの違法合法を把握するポイントとしては、日本人を狙っているかどうかが影響しています。日本人を狙っていると判断できる材料が多く、このまま利用していると間違いなく日本人の方が違法な好意に手を染めるだろうと思われていることについては違法に扱います。特に営業時間が日本人が行いやすいように設定されている場合は扱われやすいです。
24時間プレイできるのがオンラインカジノの魅力的なところですが、ライブゲームを行っているところはそうではありません。行っている時間帯が制限されていて、この時間であればプレイできるように作られ提示されています。時間が日本の夕方以降の設定だと、日本人を狙っていると思われても仕方ないところです。

違法

明らかに日本で運営されている仕組みも危険材料

逮捕されている例の1つとして、日本人が運営しているように見えているところは危険とされています。日本人が運営している場合は、時間帯が夕方以降の設定であることと、行っているディーラーが日本人だったり、日本語のサービスが非常に手厚いなどの問題があります。
英語でかかれているサイトの場合は、日本語はWEB翻訳を利用しているケースが多くあり、それによって間違っている情報が掲載されることもあります。このような翻訳の誤りについては普通と判断してもいいのですが、日本人向けのところは間違いがなく、すぐに分かってしまうことも多いです。

違法なオンラインカジノはすぐ摘発に

警察だって違法とされているところをいつまでも営業とすることはなく、あるタイミングで摘発するようにしています。しかしその前にユーザーを逮捕して、本当に行っているかの証明をすることが大事になっています。
摘発する内容によって、まずオンラインカジノ自体を止めてしまうのか、それとも利用しているユーザーを捕まえてから色々なことを行うのか、これを考えて決めています。ユーザーは違法なところを利用すると、当然逮捕される可能性を持っていると判断することです。