パーレイ法の実感

上限に達したら強制終了となる攻略法

オンラインカジノには、賭け金の最大値が設定されています。マーチンゲール法では、最大値超えるベット額になると損をしていると判断できますが、パーレイ法も同様に連勝をしている時にはどんどん賭け金が増えていくことになるものの、リミットを超えてしまうとゲームをプレイすることができないのです。

〇設定されている上限値に注意しよう

ゲームによって、適応されているリミットは決まっており、それ以上の賭け金を作ることができません。オンラインカジノのリミットは、それなりに大きいとされていますが、パーレイ法を使っていると意外とオーバーすることが多くなり、10連勝以上すると直面することがあります。リミットに到達すると、パーレイ法は使えませんので終了となります。
マーチンゲール法と違うのは、マーチンゲール法では負けとされている状況なのに、パーレイ法では勝ちとなることです。損を取り返すために使われるマーチンゲール法と違い、パーレイ法はどんどん利益を追求して、増やすために行っていることです。リミットに到達したことは、1000ドル近くの利益を得ていることになるので、基本的には大きな勝利を得ていると判断できます。

〇2000ドルがリミットだと勝負はしやすいが

1000ドルがリミットとなっているゲームの場合は、基本的に512ドルまで到達するとパーレイ法は終了になります。最終手段として、500ドルに減らしてパーレイ法を実施して、1000ドルに調整する方法もありますが、これは面倒な部分も大きいので採用されません。
2000ドルに設定されている場合は、1024ドルになった段階で終了となります。こちらも調整すれば2000ドルまで行くことは可能となりますが、2000の場合は勝負しやすいかもしれません。1000ドルに調整してパーレイ法を実施して、最大である4000ドルを狙う方法はあります。運がいいからこそ、最後まで勝負をすることができると判断していいのです。

〇パーレイ法のリミットは満足できるもの

マーチンゲール法と違い、パーレイ法はリミットまで頑張っていれば、それは勝っている状況になりますから、ここまで頑張ったと判断して嬉しい気持ちになります。
攻略法でも、なかなか到達できないラインまで行くこととなりますが、パーレイ法で達することができれば満足できて、得たお金を使って新しいゲームをプレイしたり、出金対応をすることができるでしょう。

連勝を減らしてもパーレイ法で稼ぐ方法

多くの例題で出されているのは、1ドルスタートとされているものです。1ドルからスタートしても、10連勝しないと1000ドルに到達することはできないので、確率はかなり減ってしまいます。1000ドル以上稼ぎたいと思っている方が、パーレイ法を使うなら初回の金額を増やすといいです。金額を増やせば、オンラインカジノで連勝する回数を減らして、パーレイ法で多く稼げるようになります。

〇5ドルスタートの場合は少し減らせる

5ドルスタートの場合、次は15ドルを入れることになり、更に35ドル入れるような形でスタートします。連勝を続けることで、どんどん利益は生まれることになりますが、1ドルスタートの時よりも早く1000ドルラインまで到達することになります。早めに1000ドルラインを作りたいと思っているなら、5ドルスタートを始めてもいいでしょう。オンラインカジノでもあまりリスクのない方法、それがパーレイ法となりますから、5ドルくらい入れても大丈夫です。
100ドルで終わりたいと思っている場合は、たった5回勝てばいいだけなので、これなら簡単に終わることができます。5連勝くらいなら、100回くらい続ければ起きてくれますし、3連勝程度で止めたいと思っている場合にも5ドルならそんなに使わないことが多いです。オンラインカジノで連勝を続けることは難しいので、お金の問題を踏まえてもパーレイ法は多めに入れてスタートする方法が有効です。

〇10ドルだと連勝した時のメリットが大きい

1ドルだと1000ドルに到達するのは10連勝と、非常にパーレイ法でも難易度が高いですが、10ドルスタートにするとそれは大幅に軽減されていきます。100ドルに到達するラインが1000ドルに到達することとなり、お金に余裕を持っているなら、6回くらい勝てば1000ドルを得られるようになります。
このようにパーレイ法は、基本的に多く入れてスタートして、当たった利益を全額入れてまた続け、一気に増やす方法が取られています。スタートの金額を小さくすれば、低リスクで多く増やせるチャンスはあるものの、オンラインカジノの連勝は非常にハイリスクになっているので、無理をすると一気に損に変わっていきます。
10ドルスタートを狙っていくことは、大幅に時間を短縮できる他、ある程度人の手で勝てるチャンスをもたらすことになります。1ドルよりも10ドル、お金がない時は5ドルくらいのスタートを始めるといいでしょう。