儲けを増やすための秘策

オンラインカジノのパーレイ法とは?

パーレイ法とは?

オンラインカジノで使える攻略法の一つ、パーレイ法は、攻撃に特化した攻略法であり、ギャンブラーが虜になるそんな投資法です。
マーチンゲール法が、負けた時のことを考えたうえでの攻略であり防御に優れているという特徴がある中で、その全く逆をいくパーレイ法は、逆パーレイ法とも呼ばれています。
攻撃に特化し、負けを意識しない攻略法ですので、非常に潔いやり方です。

しかし、少ない金額で大きく勝つ可能性もありますので、持ち金が大量になければいけないというものでもありません。
ツキが回ってきた場合、チャンスのある攻略法です。

パーレイ法の詳しいやり方について

パーレイ法の詳しいやり方や注意点についてですが、基本的にパーレイ法は勝率が50%のテーブルゲームで有効となります。
このため、バカラやブラックジャック、ルーレットの奇数偶数などで勝負をすることが必要です。
ビデオポーカーや、スロットなどのゲームは獲得金額や勝率が変動しますので、このパーレイ法には適していません。

パーレイ法のやり方は非常にシンプルです。基本的には、ギャンブルのゲームで勝った場合に、倍を賭けるというだけの方法です。
勝利金を全て賭けるやり方ですが、アレンジをして、勝利金の半分だけを賭けるというやり方もあります。
しかし、その場合、パーレイ法の大きな特徴である爆発的な勝利金を得ることができなくなってしまいます。

せっかくこの投資法を使うなら、全額をつぎ込むことをお勧めします。

パーレイ法のメリットと気を付けたいデメリット

パーレイ法のメリットと気を付けたいデメリット

パーレイ法のメリットは、やり方が簡単で、計算がほぼ必要ないというのがメリットです。
また、勝ったときの爆発力は素晴らしく、2倍の配当のゲームでも7連勝すれば128倍もの配当が得られます。
これが高額の配当のゲームになれば、一獲千金を狙えます。
少ない持ち金でも大きく稼げるチャンスもあるので、ロングショットを狙えるというのが魅力です。

しかしながら、パーレイ法は他の攻略法と比較しても1回の負けで全てを失ってしまいますので、リスクが高い方法です。
また、持ち金と賭け金のバランスをしっかりと考えなければ、すぐに手持ちのお金が無くなってしまう危険性もあります。

不安な方は、オンラインカジノの無料ゲームでやってみよう

パーレイ法を使う場合、どうしても不安な方はぜひ一度オンラインカジノの無料ゲームで試してみることをおすすめします。
無料ゲームなら、お金が尽きてしまう心配もなく、勝率はどのぐらいなのか、感覚を掴むことができます。

モンテカルロ法とは?

オンラインカジノのモンテカルロ法は、乱数を用いて行う必勝法とも呼ばれており、攻略法の一つとしてギャンブルを始め、投資などでも使われています。
カジノで有名な、モナコ公国の1つである、モンテカルロから名づけられました。

一度の勝ちを狙うのではなく、負けや勝ちを何度か繰り返し、最終的に勝ち金をある程度受け取るという方法になります。
他の攻略法とは一線を画しており、非常に高い評判があるのが、こちらのモンテカルロ法です。

モンテカルロ法の実際の特徴とは?

モンテカルロ法の実際の特徴

実際にあるヨーロッパのカジノを破産させたとも呼ばれているのがモンテカルロ法であり、基本的には倍率が3倍以上あるゲームに用いることによって有効になります。
攻略法の用い方は複数あるので、分かりやすい3倍のゲームを選ぶとよいでしょう。

モンテカルロ法の始め方について

モンテカルロ法は複雑な計算式が必要ですので、紙とペンでメモをしながら、行うことが大切です。

まずは、紙に123と書き、そしてその両端の1と3を足します。4になるので、その4の値だけチップを賭けます。
そして、負けてしまった場合には、先ほど賭けた4の値を123の右に付け足し、そして両端を再び足します。
そして、5の値になるので、今度は5の値のチップを賭けます。

この方法でどんどん進めていき、もしも勝った場合は数列の両端から、数字を2つずつ削除します。
そして、引き続き、残った数列の両端の合計値を賭けます。

最終的に数字が残らなければ、このモンテカルロ法が成功したという証であり、勝ち金が増えています。

最終的には儲けが出ている

最終的には儲けが出ている

モンテカルロ法は、一通りの流れが終われば儲けが出ているという方法であり、一回の勝ちで損失が取り戻せるというマーチンゲール法とは全く異なります。
さらに、ベット額の高騰を防ぐことができるということもあり、比較的賭け金の上昇を緩やかにすることができるという特徴があります。

モンテカルロ法のデメリットは?

モンテカルロ法はペンと紙を使えば容易に行えますが、仕組みが割と複雑ですし、今迄のベット額を覚えておかなければならないというデメリットがあります。
また、一度勝っただけでは終了せず、収支がプラスになるためにも、長々と時間がかかってしまうこともあります。

延々と続いていく可能性がゼロではありませんし、マーチンゲール法と比較すると緩やかですが、賭け額が増加していくことにもつながるので、そのあたりはデメリットです。