オンラインカジノの合法化とその拡大

今、ギャンブルの世界で今までになかったような動きが活発になっていることをご存知でしょうか?
それは「オンラインカジノ」という、インターネットの普及・拡大と共に進化してきた新たなギャンブルのことを指しています。
昔からギャンブルを愛してきた人から、初めて賭ける楽しみを覚えた初級プレイヤーまで、多くのギャンブラーから支持されているゲームタイプのオンラインギャンブルです。

オンラインカジノは、ギャンブルの類いとしては、世界に数百万人もの愛好者を有しており、最も多くのプレイヤー人口を保持しているのではないかと思われます。
このオンラインカジノがどのようなギャンブルなのか、その実態に迫っていくことにします。

ジャックポットで数千万円をゲットできるスロット

ジャックポットで数千万円をゲットできるスロット

オンラインカジノとは、簡単に言うと、インターネットを利用したネット上で賭けることができるオンライン型のギャンブルです。
なかでも、普通の遊戯のレベルを越えて、凄まじいほどのインパクトを与えているのがスロットでしょう。
本場カジノのゲームでも、頭の中に浮かんでくるのがスロットマシンです。
コインを入れてスロットを回して、縦や横、斜めのラインを揃えて、その倍率に応じた配当金を稼ぐゲームです。

オンラインカジノでも、このスロットが高精細のコンピューターグラフィックを駆使したビデオゲームとして、多くのファンを持っています。
このスロットには「ジャックポット」と呼ばれる大当りの懸賞金がありますが、世界中のプレイヤーから集めた賭け金の一部をプールにしておき、不定期に1人のプレイヤーに出してくれるビッグな大サービスとも言える目玉配当金です。
その配当金の額は、日本円にして数千万円レベルは当たり前。

日本人プレイヤーもオンラインカジノで、このレベルの配当金を稼いだ人が何人もいる上に、過去最高額の4億円と気を保てなくなるくらいに大きな配当金も出ています。
その為、オンラインカジノでギャンブルをしているだけで、億万長者になれる収入を手にすることが期待できるのです。

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは

ジャックポットという夢が現実になりそうな話題を挙げましたが、そんなビッグな配当金を手にするチャンスがあるのがオンラインカジノ。
ネット対戦ゲーム・シミュレーションゲームに近い感覚で楽しみながらも、「賭ける」、「駆け引きする」、「稼ぐ」醍醐味をじっくりと味わうことができる本格派のカジノギャンブルです。

オンライン型のギャンブルなので、お金はクレジット決済・金融機関からの振込入金で、カジノの専用チップに替えてベットしていきます。
カジノゲームに賭けて予想が当ったなら配当金がもらえるので、初めてカジノサイトに訪れた人でも、すぐにファンになっていきます。

オンラインカジノには、ブラックジャック・ポーカーなどのカードゲームから、ルーレット・スロットなどのゲームが公開されており、使える端末もパソコン・スマホ・タブレットとモバイル性を優れていることから、自分の空いている時間をそのままギャンブルに当てることができます。
ロケーションやタイミングに縛られることなく、何時でも楽しめるのが、オンラインカジノの魅力なのです。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノは1990年になってから始まった経緯があります。
その歴史は、すでに30年近く経っていますが、この時期はインターネットが本格的普及の時期で、オンラインカジノもこれに呼応するように動き始め出したと言えます。

その始まりは、イギリス連邦の1つであるアンティグア・パーブーダという国で、オンラインカジノ運営許可のライセンス発行が法律化されたことによります。
この許可はインターネットでカジノ運営を法的に認めるライセンスとして発行されるのですが、カジノ合法国がカジノ運営者となる事業者に運営の許可を与えることで、インターネット上でカジノを開くことができるようになります。

ライセンスの法律が制定されてから、イギリス連邦の加盟国の各国でライセンスが発行できるようになっていくのです。
これにより、オンラインカジノの運営者だけでなく、カジノゲームのアプリの開発ベンダーも次々に新しいソフトを事業者に提供するようになっていったことで、各オンラインカジノが活発に活動を行っていくのです。

オンラインカジノの法的な位置付け

オンラインカジノの法的な位置付け

日本でもオンラインカジノのプレイヤーが年々増え続けていますが、それだけプレイヤーの楽しみを的確に捉えて魅力あるギャンブルを実現しているかが伺えます。
しかし、日本の法律ではギャンブルが厳しく規制され、法的に認可されているものは競馬・競輪・競艇・宝くじ・スポーツ振興くじの公営ギャンブルに限られているはずです。
そのことを考えると、オンラインカジノは賭博罪の対象となるという理解につながっていくのですが、オンラインカジノは、規制して取り締まる法律が日本では存在していないのが、実情です。

どのようなことが背景にあるかというと、オンラインカジノでプレイするためには海外サイトにアクセスして賭けることになります。
この形態が日本国内での賭博行為とみなされないのです。
ある意味、海外旅行中に時にカジノで賭博行為をしても、帰国後、賭博罪で問われることがないことと同じ解釈になるわけです。

その結果、取り締まる法律がないために、オンラインカジノは違法とはなりません。
このようにオンラインカジノは、法的な問題もなく何時でも何処からでもエントリーできる魅力的なギャンブルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です