リスク少なく儲ける攻略法の実践

オンラインカジノで有名なモンテカルロ法とは?

オンラインカジノには様々な攻略法がありますが、モンテカルロ法はそうした攻略法の中でも低リスクで利益獲得が可能なことから大変高い人気を誇っています。
モンテカルロ法は、かつてモナコ公国にあったカジノを破産させたとの謂われがあるほど利益獲得に有効な攻略法です。

手法自体はそれほど難しくないのですが、数列を用いた攻略法であるため、使用する際は紙とペンの用意が必要となります。
オンラインカジノはゲームの種類が豊富なことで知られていますが、モンテカルロ法がもっとも有効に作用するのは3倍配当のゲームです。
オンラインカジノのゲームで3倍配当のものとなると、ルーレットのダズンベット、カラムベットがそれにあたります。

ダズンベットというのはルーレットの表の左側に位置する、1~12、13~24、24~36の3つの枠から選んで賭ける賭け方で、カラムベットというのは、表の下に位置する2to1という36個の数字を縦に3つに割った枠から選んで賭ける賭け方です。
どちらの勝率は1/3で、勝つとベット額の3倍の配当を得ることができます。

モンテカルロ法は2倍配当のゲームにも有効ですが、3倍配当の方が利益獲得の確率は高くなりますので、現在モンテカルロ法を使用する場合は大体がダズンベット、カラムベットのどちらかが選ばれています。
そして、モンテカルロ法は負けが続いてもベット額が上がりにくいという特徴も持っています。

多くの攻略法は負けが続くとベット額がどんどん上がっていきます。オンラインカジノの攻略法として有名なマーチンゲール法に至っては、負ける度にベット額が倍になっていくので、あっという間に1回目のベット額の100倍を超えてしまいます。
ベット額が大きくなりすぎると、資金が底をついてしまう可能性もありますので、少なからざるリスクを背負うことになります。
その点モンテカルロ法は、負けが続くとベット額が上がるには上がるのですが、その上昇は緩やかなので、他の攻略法と比べて資金不足に陥るリスクはかなり少なくなっています。

こうした低リスクであることと、3倍配当という多くの利益を見込めるゲームで有効に作用することから、モンテカルロ法はオンラインカジノの攻略法の中でも特に人気の高い攻略法となっています。

モンテカルロ法のベット方法

モンテカルロ法を使用するには、まず紙とペンを準備し、紙に「1 2 3」と数字を書きます。
モンテカルロ法のスタートはどんな場合においてもこの「1 2 3」となります。

ベット額はこの数列の両端の数字を足した数となります。
ですので、初めのゲームでは1に3を足した4がベット額になります。

初めのゲームに負けた場合、前回のゲームのベット額を数列の右に追加します。
「1 2 3 4」
数列はこのようになります。

2回目のゲームのベット額は1に4を足した5となります。
このゲームでも負けると、数列右に5を追加することになります。
「1 2 3 4 5」
数列はこのようになります。

3回目のゲームでは1に5を足した6がベット額になります。
また負けてしまうと、数列右に6を追加します。
「1 2 3 4 5 6」
数列はこのようになります。

4回目のゲームでは1に6を足した7がベット額となります。
さらにここでも負けてしまうと、数列右に7を追加します。
「1 2 3 4 5 6 7」
数列はこのようになります。

5回目のゲームでは1に7を足した8がベット額となります。
そしてここでついに勝ちを得たとします。
負けた場合は数列に数字を追加しましたが、勝った場合は逆に数列の中の数字を消去します。消去するのは両端2つの数字です。
この場合は「1 2」「6 7」が消去されます。
「3 4 5」
数列はこのようになります。

6回目のゲームでは3に5を足した8がベット額となります。
この6回目のゲームでも続けて勝ったとします。
勝った場合は数列の両端2つの数字を消去することになるので、数列の中の数字はすべて消えてしまいます。

数列の中の数字がすべて消えるか、1つだけ残った場合そこで一度終わりとなり、次のゲームから再び数列「1 2 3」でリスタートすることになります。
モンテカルロ法が一度終わりとなると、3倍配当のゲームの場合高確率で利益が残ります。
終わりまでの流れにより利益に違いがありますが、利益を残せることには変わりありません。
2倍配当のゲームの場合は、終了の仕方により利益を獲得できるかどうかが変わってきてしまうので、モンテカルロ法を使用する場合はやはり3倍配当のゲームの方が相応しいと言えます。

モンテカルロ法を使う場合の注意点

モンテカルロ法はリスクが少ないというメリットがあるのですが、あまりにも負けが続くとその負けを取り戻すのに長い時間がかかる場合があります。
負ける度に数列内の数字が増えていくので、その数字を消すまでに何度も勝負を繰り返さなければなりません。
場合によっては数十ゲームも勝負を続ける必要が出てくる場合もあります。

ただ、負けが続いてもベット額が驚くほど高くなることはないので、勝負を繰り返す忍耐力を失わなければ、しっかりと利益を獲得することができるでしょう。

儲けを増やすための秘策

オンラインカジノのパーレイ法とは?

パーレイ法とは?

オンラインカジノで使える攻略法の一つ、パーレイ法は、攻撃に特化した攻略法であり、ギャンブラーが虜になるそんな投資法です。
マーチンゲール法が、負けた時のことを考えたうえでの攻略であり防御に優れているという特徴がある中で、その全く逆をいくパーレイ法は、逆パーレイ法とも呼ばれています。
攻撃に特化し、負けを意識しない攻略法ですので、非常に潔いやり方です。

しかし、少ない金額で大きく勝つ可能性もありますので、持ち金が大量になければいけないというものでもありません。
ツキが回ってきた場合、チャンスのある攻略法です。

パーレイ法の詳しいやり方について

パーレイ法の詳しいやり方や注意点についてですが、基本的にパーレイ法は勝率が50%のテーブルゲームで有効となります。
このため、バカラやブラックジャック、ルーレットの奇数偶数などで勝負をすることが必要です。
ビデオポーカーや、スロットなどのゲームは獲得金額や勝率が変動しますので、このパーレイ法には適していません。

パーレイ法のやり方は非常にシンプルです。基本的には、ギャンブルのゲームで勝った場合に、倍を賭けるというだけの方法です。
勝利金を全て賭けるやり方ですが、アレンジをして、勝利金の半分だけを賭けるというやり方もあります。
しかし、その場合、パーレイ法の大きな特徴である爆発的な勝利金を得ることができなくなってしまいます。

せっかくこの投資法を使うなら、全額をつぎ込むことをお勧めします。

パーレイ法のメリットと気を付けたいデメリット

パーレイ法のメリットと気を付けたいデメリット

パーレイ法のメリットは、やり方が簡単で、計算がほぼ必要ないというのがメリットです。
また、勝ったときの爆発力は素晴らしく、2倍の配当のゲームでも7連勝すれば128倍もの配当が得られます。
これが高額の配当のゲームになれば、一獲千金を狙えます。
少ない持ち金でも大きく稼げるチャンスもあるので、ロングショットを狙えるというのが魅力です。

しかしながら、パーレイ法は他の攻略法と比較しても1回の負けで全てを失ってしまいますので、リスクが高い方法です。
また、持ち金と賭け金のバランスをしっかりと考えなければ、すぐに手持ちのお金が無くなってしまう危険性もあります。

不安な方は、オンラインカジノの無料ゲームでやってみよう

パーレイ法を使う場合、どうしても不安な方はぜひ一度オンラインカジノの無料ゲームで試してみることをおすすめします。
無料ゲームなら、お金が尽きてしまう心配もなく、勝率はどのぐらいなのか、感覚を掴むことができます。

モンテカルロ法とは?

オンラインカジノのモンテカルロ法は、乱数を用いて行う必勝法とも呼ばれており、攻略法の一つとしてギャンブルを始め、投資などでも使われています。
カジノで有名な、モナコ公国の1つである、モンテカルロから名づけられました。

一度の勝ちを狙うのではなく、負けや勝ちを何度か繰り返し、最終的に勝ち金をある程度受け取るという方法になります。
他の攻略法とは一線を画しており、非常に高い評判があるのが、こちらのモンテカルロ法です。

モンテカルロ法の実際の特徴とは?

モンテカルロ法の実際の特徴

実際にあるヨーロッパのカジノを破産させたとも呼ばれているのがモンテカルロ法であり、基本的には倍率が3倍以上あるゲームに用いることによって有効になります。
攻略法の用い方は複数あるので、分かりやすい3倍のゲームを選ぶとよいでしょう。

モンテカルロ法の始め方について

モンテカルロ法は複雑な計算式が必要ですので、紙とペンでメモをしながら、行うことが大切です。

まずは、紙に123と書き、そしてその両端の1と3を足します。4になるので、その4の値だけチップを賭けます。
そして、負けてしまった場合には、先ほど賭けた4の値を123の右に付け足し、そして両端を再び足します。
そして、5の値になるので、今度は5の値のチップを賭けます。

この方法でどんどん進めていき、もしも勝った場合は数列の両端から、数字を2つずつ削除します。
そして、引き続き、残った数列の両端の合計値を賭けます。

最終的に数字が残らなければ、このモンテカルロ法が成功したという証であり、勝ち金が増えています。

最終的には儲けが出ている

最終的には儲けが出ている

モンテカルロ法は、一通りの流れが終われば儲けが出ているという方法であり、一回の勝ちで損失が取り戻せるというマーチンゲール法とは全く異なります。
さらに、ベット額の高騰を防ぐことができるということもあり、比較的賭け金の上昇を緩やかにすることができるという特徴があります。

モンテカルロ法のデメリットは?

モンテカルロ法はペンと紙を使えば容易に行えますが、仕組みが割と複雑ですし、今迄のベット額を覚えておかなければならないというデメリットがあります。
また、一度勝っただけでは終了せず、収支がプラスになるためにも、長々と時間がかかってしまうこともあります。

延々と続いていく可能性がゼロではありませんし、マーチンゲール法と比較すると緩やかですが、賭け額が増加していくことにもつながるので、そのあたりはデメリットです。

オンラインカジノの魅力と法律

24時間スマホプレイ

いつでも好きな時にギャンブルを

24時間ギャンブルを楽しみたいのならばオンラインカジノを利用するのが一番です。
ギャンブルの代名詞でもあるパチンコも年中お店を開けていますが、営業時間が決められているため、仕事で遅くなった時などは利用することが出来ませんし、あのパチンコ店独特の騒がしい雰囲気が嫌いだという方もいらっしゃることでしょう。
オンラインカジノには営業時間がありません。一年中いつでもオープンしているので、ギャンブルを楽しみたいと思ったその時に利用することが出来ます。
利用にはパソコンの他にも、タブレット、スマートフォンも使えるので、場所を選ばずにオンラインカジノ内の様々なゲームを楽しむことが出来ます。

そしてサポートに関しても24時間受け付けています。オンラインカジノの中には日本語でのサポートサービスを行っているところも多くありますので、英語が苦手という方は日本語でのサポートを行っているオンラインカジノを選べば不安を感じることなく安心して利用することが出来ます。
オンラインカジノはインターネット上で行うギャンブルのためリアリティに欠けると思われがちですが、最近のオンラインカジノはライブチャットを用いて本物のディーラーとやりとりが出来たりと実際のカジノと変わらないサービスを提供しています。

ハイペイアウト

オンラインカジノはハイペイアウト

また、オンラインカジノはペイアウト率が高いという特徴もあります。
ペイアウト率というのは還元率のことであり、ペイアウト率が高ければ高いほど負けにくく勝ちやすいギャンブルであるということになります。
オンラインカジノはペイアウト率95%という他のギャンブルとは段違いペイアウト率を持っています。

この95%というペイアウト率が意味するのは、誰でも勝てるギャンブルであるということです。使ったお金が100パーセント戻ってくるということではありませんが、ルーレットやポーカーをまったく経験したことがない方でも、画面上の文字等に従いなんとなくプレイしていても勝つことが可能です。
ペイアウト率95%というのはそれだけお金を賭ける側にとって有利だということです。

パチンコが80%、競馬で70%のペイアウト率となっていますので、95%はある意味常識外れの期待値です。
お金を増やしたくパチンコ店や競馬場にに足を運ぶのならば、オンラインカジノでお金を使った方がお金を増やせる可能性が圧倒的に高くなります。

違法ではないギャンブル

違法ではないギャンブル

オンラインカジノはギャンブルの中でも、最大獲得金が最も高く、しかも大きく負けにくいことから利用者の数を年々増やしています。
ネットサービスの急速な拡大からにより、数え切れないネットサービスの影に隠れて、詐欺をはじめ不正を働くために開かれているサイト等も多くあります。
こうした不正を働くネットサービスが存在することから、オンラインカジノに対しても違法、インチキ、不正といった悪い印象を持っている方もいることでしょう。

しかし、オンラインカジノには一切の不正はありません。逆に、その他のどんなギャンブルよりもクリーンで安心出来るサービスです。
日本ではカジノは賭博罪に触れてしまうため、運営はもちろん、利用も出来ません。
オンラインカジノは実際に店を構えるカジノと同じゲームが用意されています。掛け金にしても、数十万、数百万と大金を賭けることが出来ます。
ということは、オンラインカジノもカジノと同じで日本での運営、利用は出来ないのではないか、とそう考えてしまいますが、オンラインカジノの利用で賭博罪に引っかかることはありません。

法的扱い

オンラインカジノの法的扱い

オンラインカジノを運営する企業は、カジノを認可している海外の国にあります。
海外旅行に行きカジノでゲームを楽しんでも罪にならないように、オンラインカジノも運営企業、運営サーバーが国外にあれば罪には問われません。
賭博罪はオンラインでのギャンブルについては触れていません。そのためオンラインカジノはオンラインを利用しているだけで法に反することはありません。

そしてもう一つ、賭博罪はお金を扱い場を開催する側とお金を賭ける側が揃っていることが前提とされています。
オンラインカジノは運営企業、サーバー共に海外にあるため、この賭博罪による前提に当てはまりません。
オンラインカジノはこのように賭博罪に触れることがないので、法に触れる心配をすることなくプレイ出来ます。

ただし、運営企業、サーバーが海外にあったとしても、その運営が日本人向けとなっていて、そこに日本人が絡んでいた場合は、摘発され逮捕されてしまう可能性がとても高くなります。
今では多くのオンラインカジノが存在しますが、どこのサイトもどのようなライセンスを持ち、どういった企業が運営しているのかということをサイト上に掲載しています。
また、実際の日本人プレイヤーの感想を掲載している口コミサイトもあるので、オンラインカジノサイト上の情報と併用し、安全に安心して利用することが出来るオンラインカジノを選びプレイするようにしましょう。

パーレイ法の実感

上限に達したら強制終了となる攻略法

オンラインカジノには、賭け金の最大値が設定されています。マーチンゲール法では、最大値超えるベット額になると損をしていると判断できますが、パーレイ法も同様に連勝をしている時にはどんどん賭け金が増えていくことになるものの、リミットを超えてしまうとゲームをプレイすることができないのです。

マーチンゲール法

〇設定されている上限値に注意しよう

ゲームによって、適応されているリミットは決まっており、それ以上の賭け金を作ることができません。オンラインカジノのリミットは、それなりに大きいとされていますが、パーレイ法を使っていると意外とオーバーすることが多くなり、10連勝以上すると直面することがあります。リミットに到達すると、パーレイ法は使えませんので終了となります。
マーチンゲール法と違うのは、マーチンゲール法では負けとされている状況なのに、パーレイ法では勝ちとなることです。損を取り返すために使われるマーチンゲール法と違い、パーレイ法はどんどん利益を追求して、増やすために行っていることです。リミットに到達したことは、1000ドル近くの利益を得ていることになるので、基本的には大きな勝利を得ていると判断できます。

〇2000ドルがリミットだと勝負はしやすいが

1000ドルがリミットとなっているゲームの場合は、基本的に512ドルまで到達するとパーレイ法は終了になります。最終手段として、500ドルに減らしてパーレイ法を実施して、1000ドルに調整する方法もありますが、これは面倒な部分も大きいので採用されません。
2000ドルに設定されている場合は、1024ドルになった段階で終了となります。こちらも調整すれば2000ドルまで行くことは可能となりますが、2000の場合は勝負しやすいかもしれません。1000ドルに調整してパーレイ法を実施して、最大である4000ドルを狙う方法はあります。運がいいからこそ、最後まで勝負をすることができると判断していいのです。

〇パーレイ法のリミットは満足できるもの

マーチンゲール法と違い、パーレイ法はリミットまで頑張っていれば、それは勝っている状況になりますから、ここまで頑張ったと判断して嬉しい気持ちになります。
攻略法でも、なかなか到達できないラインまで行くこととなりますが、パーレイ法で達することができれば満足できて、得たお金を使って新しいゲームをプレイしたり、出金対応をすることができるでしょう。

連勝を減らしてもパーレイ法で稼ぐ方法

多くの例題で出されているのは、1ドルスタートとされているものです。1ドルからスタートしても、10連勝しないと1000ドルに到達することはできないので、確率はかなり減ってしまいます。1000ドル以上稼ぎたいと思っている方が、パーレイ法を使うなら初回の金額を増やすといいです。金額を増やせば、オンラインカジノで連勝する回数を減らして、パーレイ法で多く稼げるようになります。

パーレイ法

〇5ドルスタートの場合は少し減らせる

5ドルスタートの場合、次は15ドルを入れることになり、更に35ドル入れるような形でスタートします。連勝を続けることで、どんどん利益は生まれることになりますが、1ドルスタートの時よりも早く1000ドルラインまで到達することになります。早めに1000ドルラインを作りたいと思っているなら、5ドルスタートを始めてもいいでしょう。オンラインカジノでもあまりリスクのない方法、それがパーレイ法となりますから、5ドルくらい入れても大丈夫です。
100ドルで終わりたいと思っている場合は、たった5回勝てばいいだけなので、これなら簡単に終わることができます。5連勝くらいなら、100回くらい続ければ起きてくれますし、3連勝程度で止めたいと思っている場合にも5ドルならそんなに使わないことが多いです。オンラインカジノで連勝を続けることは難しいので、お金の問題を踏まえてもパーレイ法は多めに入れてスタートする方法が有効です。

パーレイ法で期待

〇10ドルだと連勝した時のメリットが大きい

1ドルだと1000ドルに到達するのは10連勝と、非常にパーレイ法でも難易度が高いですが、10ドルスタートにするとそれは大幅に軽減されていきます。100ドルに到達するラインが1000ドルに到達することとなり、お金に余裕を持っているなら、6回くらい勝てば1000ドルを得られるようになります。
このようにパーレイ法は、基本的に多く入れてスタートして、当たった利益を全額入れてまた続け、一気に増やす方法が取られています。スタートの金額を小さくすれば、低リスクで多く増やせるチャンスはあるものの、オンラインカジノの連勝は非常にハイリスクになっているので、無理をすると一気に損に変わっていきます。
10ドルスタートを狙っていくことは、大幅に時間を短縮できる他、ある程度人の手で勝てるチャンスをもたらすことになります。1ドルよりも10ドル、お金がない時は5ドルくらいのスタートを始めるといいでしょう。