分業制と監視体制が信頼の肝

オンラインカジノは複数の会社により成り立っている

カジノ法案が持ち上がり、近い将来カジノが合法となる可能性がありますが、現在の日本の法律ではまだカジノは禁止されています。

しかし、オンラインカジノはお店を構えて営業するランドカジノとは違い、現在の法律に触れる部分がないため、利用したからといって法によって裁かれることはありません。
これは海外旅行に行きカジノを利用する場合と同じです。オンラインカジノは海外の企業が海外にサーバーを置き運営しているので、日本国内からの利用でも法律の適応範囲外ということになります。

そうはいっても、オンラインカジノはカジノと名が付くため違法ギャンブルと考えられがちです。
そのため、日本ではまだ海外に比べてあまり利用している方がいません。
オンラインカジノは一体どのような仕組みで、どのように運営しているのかと首を傾げる方も多いと思います。

オンラインカジノは基本的に、運営会社がゲームのプログラムから決済までその全てを執り行っているわけではありません。
運営会社は運営だけを行い、ゲームのプログラムはソフトウェア会社に任せ、決済は決済会社に任せています。
また、不正がないように運営元、ソフトウェア会社を調査する監査機関も存在します。

このようにオンラインカジノは複数の会社により、支え合い、監視しながら運営を続けています。

政府発行のライセンス取得が運営の第一歩

オンラインカジノの運営を始めるための第一歩となるのが、政府発行のライセンスの取得です。

オンラインカジノの運営をするには、オンラインカジノを動かすサーバーを置く国に運営の申請を行い、審査を受け通過しなければなりません。
ライセンスの発行をするということは、その国が後ろ盾となっていることを意味します。

もしも、ライセンスを発行したオンラインカジノがゲームや決済で不正を働いた場合、ライセンスを発行したその国が責任を負うことになりますし、その国のライセンス自体の価値を下げてしまうことになります。
ですので、ライセンス発行国は運営元の現在の状態だけではなく、将来的にも運営に問題がないかどうかしっかりと抜け目のないチェックを行います。

ライセンスを発行した後も、運営元が不正を働いていないかどうかを抜き打ちでチェックします。
もちろん、その抜き打ちチェックで引っかかってしまった場合はライセンス剥奪となり、そこで運営を辞めなければならなくなってしまいます。

ライセンスの発行国により、審査の基準が違うため、審査の基準が厳しいライセンス発行国ほど信頼度が高くなります。
信頼度が高くなれば、それだけ利用者の数も増えるので、運営する側にとってはできるだけ信頼度の高い国のライセンスが欲しいと考えるものです。
特に信頼度が高いのは、UK、ジブラルタル、マン島、マルタ共和国です。
これらの国の政府発行ライセンスを持っているオンラインカジノは非常に優れた運営を行っているオンラインカジノだと言えるでしょう。

ゲームを動かすソフトウェア会社の重要性

オンラインカジノを運営するには、ゲームを動かすためのソフトウェア会社の協力が必要になります。
現在オンラインカジノは2000を超えると言われていますが、ソフトウェア会社の数も多くその数は100を超えます。
人気のソフトウェア会社はそれだけゲームの内容も良く、演出にも華がありますが、そうした人気のソフトウェア会社を利用するには運営元の中身が問われることになります。

人気の高いソフトウェア会社として必ず名が上がるのが、プレイテック、マイクロゲーミングです。
どちらもオンラインカジノ業界で長年トップにある有名ソフトウェア会社です。
作っているソフトウェアはどれも華があり、プレイヤーを本当のカジノにいるような気分にさせてくれます。

こうした人気のあるソフトウェア会社が作るソフトウェアはゲームのエンターテイメント性だけではなく、セキュリティにも長けています。
インターネットサービス全てに言えることですが、外部からの侵入による不正操作に対して常に備えていなければなりません。
誤って不正に操作されてしまったら、プレイヤーに大きな被害を与えてしまうことになります。
このようにゲームだけではなく、そのゲームを安全に楽しめるよう優れたセキュリティを配備しているのも多くのオンラインカジノに選ばれている人気の理由です。

お金の管理は決済会社が行っている

オンラインカジノは入出金、決済の管理も決済会社に委託しています。
自社で直接お金を取り扱うと、不正の発生をはじめトラブルが生じる可能性があるからです。

こうしたお金の管理を他の専門の会社に委託することで、お金のトラブルを回避することができています。
利用者にとっても、お金の扱いのプロである決済会社が入出金、決済を担っていることにより安心感が増しますし、それは運営における審査においても同じです。

第三者がお金の管理をしていることによって、お金の面での不正やトラブルの心配がかなり少なくなるので、実績のある決済会社を利用していればそれだけ審査も通過しやすくなります。
オンラインカジノはこのように、運営とソフトウェア、決済が別になっていることで、安全性の高いサービスを提供することができています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です